レディー

30代にオススメのスキンケア|乾燥知らずの美肌

しっかりケアで乾燥しない

婦人

セラミドできちんと保湿

冬に多い乾燥肌ですが、年中乾燥している人は他の季節でも肌がかさつき、ファンデーションが浮いてきてしまいます。正しい知識を持ってケアすることで、敏感肌による乾燥肌は克服することができます。乾燥肌には原因があるからです。一度乾燥してしまうともとに戻すのは大変ですが、肌のバリアを正常化して原因を取り除けば必ずよくなります。乾燥している人の肌はセラミドが不足しています。これは細胞と細胞の間にある成分でこれがないとお肌にある水分がすぐに蒸発してしまいます。このセラミドは生活が乱れたり、冬など乾燥しやすい季節、ずさんなスキンケアでも減少してしまいます。加齢でも減少するので、敏感肌の人は乾燥肌にならないためにも日々の生活習慣を整え、きちんとお肌をケアすることが大切です。乾燥肌の場合、お風呂上がりのスキンケアは必須です。すぐにケアすることで、お肌から水分が逃げていくのを防ぐことができます。このとき、化粧水をバシャバシャと叩きつけるのではなく、やさしく顔を覆うようにつけます。なるべく手の上で化粧水を温めたほうが効果が高いです。目元や口元といった小じわができやすい部分は、さらに指の腹を使って重ね付けし、なじませていきます。お肌がもっちりとした感覚になったらなじんだ証拠です。美容液を使いたいときは、セラミドが配合されているものを使います。ヒト型のセラミドを使うと人のお肌になじみやすく吸収されやすいです。敏感肌の人は刺激が少ないものを選び、たっぷり使いましょう。薬品が添加されたものは効果がすぐに得られるかもしれませんが、敏感肌の人が使うと乾燥を悪化させかねません。そしていくら高配合でも少ししか使わなかったら効果がうまく得られないので、乾燥が回復するまでは適正量を守って集中的に保湿してください。